バイク買取評判【査定額について】

査定額の違い

バイク買取業者によって、査定方法、査定額には少しは違いがありますが、基本的な部分は同じです。
元になっているデータは、バイク業者間オークション(バイクの市場みたいな場所)での取引されている価格です。

バイク販売店はこの業者オークションから仕入れて店頭に並べます。
勿論、点検、整備、試走など手間暇掛けるので、結構コストは掛けてピカピカにします。

このオークションの取引額(落札価格)よりも高いバイク(同じ年式で同じ様な走行距離、程度)を一般の人から仕入れる事はあまりしないので、一般的に業者間オークションの落札価格よりも少し安い価格が買取価格の「上限」だと言われています。

そして、査定金額はその「上限」に行かないように、まずそこからかなり下げた価格を伝えてきます。
買取業者も利益が多いほうが自分の給料が上がりますから。

ですので、買取業者さんを呼ぶ前に、「目安となる価格」が無いと、地図を持たずに走り始める様な事になります。

↓↓↓バイクを高く売る方法をこちらで紹介↓↓↓

バイク買取評判



例えば、「査定金額は20万円です」と言われて、その「20万円」が高いのか?安いのか?

判断出来なければ、買取業者の言う「結構頑張った価格です」に騙されます。
これが、2社に申し込んで、もう1社が「査定金額は25万円です」と言ったらどうしましょう。
もし3社に申し込んで、「買取金額は27万円です」と言われたらどうでしょう。

これは極端な例え話では無く、普通のお話です。1社だと比較する物がないから、業者の方も強気で来ます。
2社だと「嫌だな」と感じます。
3社だと「うちは敵わない」と「絶対に買い取って帰る」業者に分かれます。3社は最強です。

バイク買取業者もプロなので、相手が出す査定額で「本気かどうか」が分かります。

高く買い取った買取業者は、自店舗で整備して販売を考えているのかも知れません。
店舗に並べて売れそうなバイクは、わざわざ業者間オークションには流しません。

↓↓↓バイクを高く売る方法をこちらで紹介↓↓↓

バイク買取査定相場


買い取った時点ではホコリを被ってくすんでいたバイクも、プロのバイク屋さんに掛かれば、新車の様に蘇ります。この技術は本当に凄いと思います。
バイク屋さんによっては、キャリパー分解、シール、ピストン、ブレーキパッド交換、ブレーキオイル交換、フロントサスペンションのオイル交換、ステアリングヘッドのベアリング交換、グリップも交換、ステップのゴム交換、チェーン交換、スプロケット交換、リヤサス、リンク周りの給油、オーバーホール、そんな事まで行うお店も有ります。

ただし、それはそれが「売れる事が分かっているバイクだから」です。
コストを掛けても良い状態にすればする程、高値で購入してくれるユーザーが存在している事を知っていたり、そもそも客層がアッパーレベルのお客様が多く、とにかくクオリティにこだわったバイクが欲しい人が多かったりすると、バイク屋さんも腕の見せどころです。スイングアームを特注する事も有ります。

大手は良いお客様も掴んでいます。高く売りたいなら、大手、それも複数社に申し込む事がとても大事です。

↓↓↓バイクを高く売る方法をこちらで紹介↓↓↓

バイク買取評判